ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 高梁市教育委員会 > 成羽複合施設について

成羽複合施設について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月6日更新

成羽複合施設ワークショップについて

 平成29年5月27日(土曜日)、成羽複合施設の基本設計を策定するにあたり、市民の皆さん、利用者の皆さんから意見を聴取し基本設計に反映させるため、成羽文化センターホールでワークショップを開催しました。

ワーク1

○参加者

  中学生、大学生、公民館講座生、各種団体の長など、21名。

○内容

(1)ワークショップの狙い、基本構想、まちづくり協議会の意見、他市町の複合施設事例紹介。

(2)「ふれあう」、「つながる」、「楽しむ」、「PR(ピーアール)」の4グループに分かれ、自己紹介した後、
   「成羽の魅力、課題」について話し合い。

   ・主な意見
    (魅力)「備中神楽や吹屋などの伝統文化が豊かである」、「自然が美しい」、
         「安藤忠雄が建築した美術館がある」など。
    (課題)「過疎化が激しい」、「働く場所がない」、「地元住民の町への意識が低い」など。

(3)「新しい複合施設に求められるもの」について意見交換。

   ・主な意見・・・「神楽演舞のホール」、「美術館とホールの役割分担が必要」、
         「PRできる場所が必要」、「気軽に立ち寄れる場所が必要」、
         「お互いの活動が垣間見れるようなゆるいスペースが必要」など。

(4)「(3)で考えたことを実現するためには何が必要か」について話し合い。

   ・主な意見・・・「ブランディング・コーディネートする人が必要」、
         「町中にもカフェをつくったり音楽を楽しめるような仕掛けをつくったらどうか」、
         「美術館とコラボできるようなイベントが必要」、
         「観光協会を入れ込んだらどうか」など。

ワーク3


(5)発表・・4グループがそれぞれ発表。

  • 「ふれあう」グループ・・・「街を歩く魅力がない」、「食事を食べるところがない」、
             「遊ぶところが少ない」などのキーワードから、「街歩きを楽しめる、
             街並みアートのような街づくりをし、その連携の中で複合施設が中
             心となるような位置付けができれば良い」、「地元食事を活かした
             カフェやフリーマーケットができるような空間が複合施設にできて、
             道の駅的な役割を担えれば良い」。
  • 「つながる」グループ・・・「食べるところが少ない」、「話をする場所がない」、「施設
             を利用する機会が少ない」、「成羽地域、高梁地域を区別したがる」
             などのキーワードから、「珈琲を飲みながらのんびりできるゆるい共
             用スペースがあれば良い」、「人が入りやすいように、いかにも公共
             施設というのを止め、間口が広い施設になれば良い」、「成羽地域、
             高梁地域のことをすべて案内できる人の確保が必要」。
  • 「楽しむ」グループ・・・「若い人が流出する」、「活動の場が必要では」というキーワ
             ードから、「伝統料理を教えてもらえるような料理教室、機織りを教
             えてもらえるような教室があれば良い」、「老若男女触れ合える施設
             になれば良い」。
  • 「PR」グループ・・・「楽しめるところがない」、「PR不足」、「体験できる仕掛けが必
             要」というキーワードから、「作ったり開発している様子が外から見え
             るような特産品加工施設ができれば良い」、「案内人の育成ができ
             たら良い」、「田舎暮らし体験ツアー窓口ができれば良い」。

    ワークショップ2

○基本設計策定後、ワークショップの反映された内容についてもHPでお知らせしていきます。

ニュースレター [PDFファイル/5.53MB]

成羽地域まちづくり協議会の意見について

 また、平成29年2月、成羽地域まちづくり協議会を通じて、成羽地域の皆さんからいただいた意見について、主なものを紹介させていただきます。

・歴史文化を象徴したデザインが良いのではないか。

・木質感を出したら良いのではないか。

・福祉センターや本丁商店街と連携したら良いのではないか。

・明るく開放的で、利用しやすい施設が良いのではないか。

・子どもから高齢者までが使いやすい施設を整備してほしい。

・子どもの学習スペースがあれば良いのではないか。

・イベントでも活用できる施設を整備してほしい。

・気軽に使えるホールを整備してほしい。

・Wi-Fi整備をお願いしたい。

・カフェを作ってほしい。

・ギャラリーを作ってほしい。

・災害時用にシャワールームや大きな厨房が必要ではないか。

・バスステーション、美術館も考慮した敷地利用ができれば良いのではないか。

・駐車スペースでイベントができれば良いのではないか。

・駐車場を確保してほしい・・  などです。

基本設計に反映可能なものについては、検討してまいります。

なお、皆さんからいただいた意見について詳しく知りたい方は、成羽地域局で閲覧できます。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)